お客様それぞれの事情で、住宅ローンの返済が困難になった場合、銀行などの金融機関はその抵当権に従って所有者の不動産を競売にかけるという、法的手段をとって資産の売却を行い、その売却した代金で債務の返済に充当する場合があります。
ただ、競売となった場合、市場価格よりも低い価格で落札されたり、競売に出すことにより持ち家の情報が公開されるため、売却することを内密にすることが難しくなります。

そんな時に、 任意売却 がおすすめです。

日建がお客様と金融機関の間に『仲介者』として間に入り、なるべく両者に納得が得られる価格で売却を進めてまいります。
また日建には、住宅ローンアドバイザーの有資格者がおりますので、 住宅ローンの利用を検討されている方に対して公正な立場で的確なアドバイスや情報提供を行うこともできます。

金融機関と相談中の方や任意売却を検討されている方、一度ご相談ください。 専門スタッフが丁寧にご説明致します。

※ご注意
地域や物件によっては、弊社で取り扱うことが出来ない物件もあります。
あらかじめご了承下さいませ。