一般的な契約書では「入居者が契約を解約しようとするときは、退去日の1か月以上前に、家主に通知しなければならない」と書かれています。よって、住居の解約予告は「1か月以上前」とされているのが一般的です。

この通知を「解約予告」と言いますが、この解約予告が遅れると、余分に家賃を支払うことになるので注意してください。

解約時の手続きは、各業者により異なりますので、管理業者もしくは仲介業者へご相談下さい。その際に、契約時に交わした条文の中で解約に関する項目がありますので、よく理解して下さい。